コラム

こどものむし歯予防に大切なこと

小倉南区のかなまる歯科クリニックです。

小さなお子様は、まだ虫歯について理解できているわけでもなく、自分でしっかりと歯磨きができるわけでもありません。

ですので、お子様の虫歯を防ぐのは、親御さんの役目となります。

今回は、どうしたらお子様の歯を虫歯から守ることができるか、その方法をご紹介いたします。

家族全員の口腔ケア

生まれたての赤ちゃんのお口には、細菌は存在していません。

そのお口にどうやって虫歯菌が侵入するのでしょう?

それは、周りの大人からの感染によるものなのです。

そのため、大人と食器の共用を避ける、口移しで食べ物を与えない、などの注意が必要となります。

ですが、可愛いお子様とのスキンシップは欠かせないもの。

その時お子様に虫歯菌を移さないように、ご家族皆様でお口のケアにつとめましょう。

ご家族皆様が健康なお口でいれば、赤ちゃんに虫歯菌が移るリスクを減らすことができます。

適切なブラッシング

少し大きくなって、自分で歯ブラシを使って歯磨きを始めるのは大切なことです。

けれど、乳歯の生えたてはもちろん、小さいうちは自分でしっかり歯磨きすることができません。

そのために、大人がしっかりと歯を磨いてあげることが必要となります。

子供の歯は小さく、歯ぐきも弱いため、使う歯ブラシや力の入れ方に気をつけ、正しい歯磨きをしてあげることが重要です。

正しい歯磨きの方法は、定期検診などでお伝えしています。

また、大きくなってもしばらくは仕上げ磨きをしてあげましょう。

フッ素の塗布

フッ素には歯垢にいる細菌の活動を弱めるだけでなく、再石灰化を促して歯質を強くする働きがあります。

また、乳歯は永久歯よりもフッ素を取り込みやすいので、子どものうちからフッ素を活用していくことで、より効果的な虫歯予防が期待できます。

市販のフッ素配合の歯磨き剤やフッ素洗口などで取り入れることもできますし、歯科医院では歯の状態に合わせた濃度のフッ素塗布を行っております。

まとめ

お子様を虫歯から守るために、ご家庭でできることはこのようにいろいろあります。

これらを実践することと、定期的な歯科医院での検診やクリーニング、フッ素塗布などを行って、いつも健康なお口を維持できるようにしましょう。

歯は一生ものの財産です。

丈夫で綺麗な歯は、お子様への最高のプレゼントとなります。

お子様が生涯虫歯で困ることのないよう、小さな頃からしっかりとケアを行いましょう。

医院名 かなまる歯科クリニック
院長 金丸 智士
住所 〒800-0229
福岡県北九州市小倉南区曽根北町6-16
電話番号 093-953-6066
URL https://www.kanamaru-dc.jp/
診療内容 虫歯(予防・治療)、歯周病、小児歯科、小児矯正、入れ歯、ホワイトニング、インプラント、矯正歯科、マタニティ歯科、訪問診療など
概要 小倉南区曽根北町の歯医者・歯科医院、かなまる歯科クリニックの公式ホームページです。予防歯科に力を入れた診療で皆様のお口の健康をサポートいたします。