コラム

こどもの矯正はいつ始めたらいいの?

小倉南区のかなまる歯科クリニックです。

お子様の歯並びでお悩みの親御さんは多く、歯科矯正をお考えの方もいらっしゃると思います。

今回は、子供の矯正を開始するタイミングについてお話しいたします。

開始のタイミングは2回

子供の矯正は、6歳から小学校中学年までの「一期治療」と、小学校高学年から中学生くらいまでの「二期治療」に分かれます。

一期治療では顎の骨格の矯正が中心となり、二期治療では歯列矯正が中心となってきます。

一期治療と二期治療について

一期治療は、上下の顎の骨のバランスを整え、永久歯が生えるスペースを作ったり、前歯のかみ合わせを良くしたりすることなどが大きな目的です。

顎の骨の状態や歯並びで治療方針を決めて、矯正装置を選択します。

装置は前歯だけなど部分的なブラケット、マウスピース、床装置(プレート)、拡大装置、ヘッドギアなどがあります。

永久歯が生えそろい、本格的に歯を動かしていくために行うのが二期治療です。

皆様が想像する矯正はおそらくこちらだと思います。

装置はワイヤー・ブラケット(唇側・舌側)や、マウスピースなどが一般的です。

小児矯正のメリット

小児矯正にはさまざまなメリットがあります。

  • 顎の成長を助ける

永久歯が生えそろっていない一期治療では、顎の成長を問題ない形に近づけていく矯正がメインになります。

この時期に矯正すれば、上下の顎のバランスや大きさを整えやすいというメリットがあります。

  • 将来的な抜歯のリスクが減る

大人の矯正では、顎が小さく歯が生える十分なスペースがないことが多いため、抜歯をする場合があります。

しかし、子供の矯正は顎の成長に合わせて行うため、永久歯が生えるスペースもできやすく、結果的に大人になってからの抜歯リスクを減らすことができます。

  • 定期的な虫歯のチェックが可能

矯正している間は、1〜2カ月に一度通院することになります。

その際、虫歯のチェックや予防などをしてもらえば、歯の健康を保つことにつながります。

  • 呼吸や滑舌、口や舌の使い方も確認できる

指しゃぶりや舌のくせなどが歯並びに悪影響を与えていたり、歯並びの悪さが口呼吸や滑舌の悪さの原因となっている場合があります。

これを矯正器具によって改善することができます。

まとめ

お子様にとって、矯正歯科治療は面倒なものかもしれません。

しかし、このようなメリットがたくさんありますので、検討してみてはいかがでしょう。

医院名 かなまる歯科クリニック
院長 金丸 智士
住所 〒800-0229
福岡県北九州市小倉南区曽根北町6-16
電話番号 093-953-6066
URL https://www.kanamaru-dc.jp/
診療内容 虫歯(予防・治療)、歯周病、小児歯科、小児矯正、入れ歯、ホワイトニング、インプラント、矯正歯科、マタニティ歯科、訪問診療など
概要 小倉南区曽根北町の歯医者・歯科医院、かなまる歯科クリニックの公式ホームページです。予防歯科に力を入れた診療で皆様のお口の健康をサポートいたします。