コラム

夜寝る前の歯磨き、していますか?~効果的なむし歯予防のコツ~

こんにちは。
 
小倉南区の「かなまる歯科クリニック」です。
 
 
昨日の夜は、いつ歯磨きをしましたか?
 
夜ごはんを食べたあとの方もいれば、入浴の前後にした方もいるでしょう。
 
もしかしたら、磨くのを忘れて寝てしまった方もいるかもしれませんね。
 
実は、むし歯予防に効果的 なのは、夜寝る前の歯磨きです。
 
今回は、「なぜ、夜寝る前の歯磨きがむし歯予防に効果的なのか?」について、お話しします。
 
 

磨き忘れて寝たら、お口の中はどうなるの?

夜の歯磨きを忘れて寝てしまった次の日の朝、粘り気や口臭などでお口の中が気持ち悪いと感じたことはありませんか?
 
日中に磨けなくてもそんなに不快に感じることはないのに、なぜ寝ている間だけ感じるのでしょう。
 
それは、お口の中の唾液の量に関係しています。
 
起きている間はしっかり出てくれる唾液ですが、寝ている間は途端に減ってしまいます。
 
唾液にはむし歯菌などの細菌の増殖を抑え、歯をむし歯や口臭から守ってくれる作用がありますから、唾液が減るとお口の中の細菌が増えるのです。
 
つまり、歯を磨き忘れて寝てしまうと、朝起きたらお口の中が細菌だらけ!ということになりますね。
 
 

夜寝る前の歯磨きをプラスしましょう

食べたら磨く」は、お口の中にとっていい習慣です。
 
その習慣に「夜寝る前の歯磨き」をプラスして、寝ている間のお口の中も清潔に保ちましょう。
 
寝る前に磨いて食べカスや汚れなどをキレイに落とすと、唾液の量が減ってもむし歯菌が増えるのを抑えられます。
 
むし歯菌が増えないということは、むし歯を予防することにつながりますから、夜寝る前の歯磨きはむし歯予防に効果的なのです。
 
 

歯磨き効果アップのコツ

どんなに歯ブラシで丁寧に磨いても、歯ブラシが届きにくい歯と歯の間歯と歯ぐきの境目に、食べカスや汚れは残ってしまいます。
 
そんな歯ブラシが届きにくい歯と歯の間には、デンタルフロスや歯間ブラシを使いましょう。
 
また、デンタルリンスや洗口液の併用もおすすめです。
 
デンタルリンスや洗口液は、成分表をチェックして、殺菌作用のあるものを選びましょう。殺菌力が、寝ている間の細菌の増殖を抑えてくれます。
 
食べたら磨く+夜寝る前の歯磨きでお口の中を常に清潔に保ち、効果的にむし歯を予防しましょう。
 
 
かなまる歯科クリニックでは、治療だけでなく予防歯科にも力を入れています。効果的な歯磨きの仕方のアドバイスや、磨き残した蓄積汚れのクリーニングはおまかせください。